Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

        Presencing Somatics Trillium Institute Japan

Manual Therapy for Personal Transformation                                

痛みと恐れ

長年にわたり、ジャックは痛みの緩和を求めてやってくるクライエントと取り組んで来ています。しかしそこでクライエントが認識していないのは、痛みのために増大した恐れによって、しばしば元々の痛みがよりひどくなっているということです。

私たちの多くが、自分が何か間違ったと思うことやうまく行かなかったことと痛みを関連づけるものです。さらにひどいことには、感じている痛みを深刻な病気や癌などと結びつけて恐れます。あるいは、痛みを物事や他人のせいにして責めることさえするのです。

「ばちが当たったのだ」「あのような仕事の仕方をしたからこの痛みを抱えることになった」「あの人にひどい事を言ったから病気になったに違いない」…こうした考え方の例には枚挙に暇がありません。実際クライエントはそうした話をするものですし、私たちプラクティショナでさえ、こと自分の症状になると同じような考え方をしていることがあるのです。

クライエントが理解していないのは、自分たちの恐れと恐れに満ちた考えが、身体の自然な癒しのメカニズムを阻み、さらに状態を難しくしているということなのです。

様々なエネルギー ワークやエネルギー ヒーリングは、痛み・辛さ、そして恐れに役立ちうるものとなるのです。

特に、クライエントが自ら能動的にセッションに参加していけるようにしたなら、その効果は増大するはずなのです。

こうした私たちの考え方、恐れと痛みの関係性を理解し、それに対してどのようにクライエントを積極的にセッション参加させて自ら痛みと恐れを手放していけるようにする具体的な方法を学んで行きましょう。

開催日時:7月7日(火)9:00-18:00

開催地:東京都世田谷区(お申し込み時に地図等詳細をお送りしております)